Home > 廊下

廊下の収納

廊下の収納リフォームの概要

 「廊下の収納」ということで期待された方、ごめんなさい。結論から言えば、廊下は本来、収納すべき場所ではありません。理由は、収納の大原則として使うモノは使う場所に収めるということが言えるからであり、単なる通路に過ぎない廊下には本来収納すべきモノというものがありません。

 ただし、では廊下に収納スペースがあってはならないかというとそうではなくて、特に家の中心となるような場所・・・・とりわけ玄関とリビングダイニングを結ぶ廊下などは・・・・掃除用品や工具、電気関係消耗品などを収めると便利だと思います。

 しかしやはりそれ以外の場所、特に一戸建ての場合は2階の廊下などに収納スペースがあっても非常に無駄です。無駄な収納スペースを作ることによって居住スペースは狭くなりますし、第一、クローゼット1つ作るのに一体いくら掛かるのか考えるともったいないとしか言いようがありません。

 そこまで申し上げても、「いいじゃない。スペースがあるんだし、スペースにゆとりがあって損はないんだし。」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。まあ、それを言われてしまってはここで私がお話しする意味はそもそもないんですけどね(苦笑)
 しかしそれでも敢えて、やはり基本的には廊下に収納スペースを設けることはオススメできません。そんなことをしてしまうと収納スペースが分散し、管理が行き届かなくなります。人間一人に管理できるモノの量なんてたかがしれているのです。廊下に収納スペースを作ることはその限界を超えることであり、収納スペースではなく死蔵スペースになってしまいます。このサイトで一貫して申し上げている通り、収納スペースを増やせば収納の問題が解決するということは基本的にあり得ないのですから。

このページの上部に戻る

  • 当サイトはリンクフリーです。
  • リフォーム会社リンク集へ掲載をご希望の会社様は掲載申込フォームよりお申し込みください。

運営者情報

  • シーベックス
  • 〒586-0032 大阪府河内長野市栄町10-23
  • 事業内容:収納/インテリア・コーディネート・サービス