Home > キッチン

キッチンの収納

キッチンの収納リフォームの概要

 システムキッチンを選ぶ際に気をつけていただきたいポイントはいくつかあるのですが、ここでは特に3つのポイントを挙げたいと思います。

  1. デザインで選ばない
  2. 自分が普段使っているモノを事前にチェック
  3. 使い勝手をシミュレーションしてみる

 まず「1. デザインで選ばない」ということですが、これは特に注意して欲しいポイントです。システムキッチンのリフォームとなると、より清潔に、より快適に、より現代的に、よりスタイリッシュに・・・・と夢は膨らむばかりなのですが、インテリア性を追求すると必ず収納効率、使い勝手は悪くなります。
 例えば引出ひとつ取ってもそうです。最近のシステムキッチンの主流は引出式ですが、これは意外と使い勝手の悪い面もあります。特に最近はデザイン性が重視されているので引出の取っ手の位置が統一されており、そのため引出の深さが一定です。対してキッチンで使うモノというと大きさは様々です。画一的な寸法の引出に大きさの違うモノを入れようとすると当然これは難しくなります。

 次に「2. 自分が普段使っているモノを事前にチェック」ですが、これもキッチンに関わらず非常に重要なポイントです。リフォームをすると生活が一変するようなイメージを持ってしまいがちですが、それは事実と異なります。基本的にリフォームをしても今までの生活の延長なのです。ですから当然、今まで使っていたモノをほとんどそのまま収納することになりますから、システムキッチンが入れ替わった時にそれら今まで使っていたモノを収めることを考えておかなくてはなりません。「メーカー(orリフォーム会社)がちゃんと考えてくれているだろう」という甘い期待は絶対に禁物です。

 最後に「3. 使い勝手をシミュレーションしてみる」ですが、これは「2.」まで出来ていれば基本的に問題はないと思いますので、おさらい程度に考えてください。ただ、「2.」までだとあまりにも変化が無さ過ぎてデメリットもなければメリットも少なくなりますので、今までの問題点を克服することも視野に入れるということがポイントになってきます。シミュレーションをすることで今までより改善されることや逆に使い勝手が悪くなる可能性があることを再確認出来るはずです。

このページの上部に戻る

  • 当サイトはリンクフリーです。
  • リフォーム会社リンク集へ掲載をご希望の会社様は掲載申込フォームよりお申し込みください。

運営者情報

  • シーベックス
  • 〒586-0032 大阪府河内長野市栄町10-23
  • 事業内容:収納/インテリア・コーディネート・サービス