Home > リビングダイニング

リビングダイニングの収納

リビングダイニングの収納リフォームの概要

 リビングダイニングをリフォームする際に特に注意していただきたい点は下記の3点です。

  1. テレビおよびAV関連機器等の位置
  2. 脚物家具および箱物家具の寸法
  3. 日常生活を前提としたイメージ

 まず「1. テレビおよびAV関連機器等の位置」、これが非常に重要です。一般的にリビングダイニングの家具レイアウトはテレビを中心に決まります。それはテレビを置く場所が決まって初めて、その前にセンターテーブル(もしくは座卓など)、またソファーの位置や置き方が決まってくるからですね。ですので当然のことながらテレビアウトレット(アンテナ線の差し込み口)の位置が非常に重要です。変な位置にテレビアウトレットを設けてしまうとテレビボードまで線を這わせないといけませんから、これではせっかくリフォームしても台無しですよね。
 また、テレビの位置が決まると、そこに出来る限り収納スペースを集約したほうが良いと言えます。なぜならリビングダイニングは生活の中心の場であるため他の部屋などへの動線の中心でもあり、また窓面積が広いために広さの割に意外と収納家具などを置く場所がありません。結果としてテレビボードの場所に収納スペースを集約したほうが見た目にもスッキリしますし、出し入れも良いいになるのですね。

 次に「2. 脚物家具および箱物家具の寸法」ですが、これも結構盲点です。当たり前のことですが、幅89cmのスペースに幅90cmの収納家具は収まりません。そんなことは言われるまでもないと思われるでしょうが、実際には幅木や建具のわずか1cmのために収納家具が収まらないというケースがあります。
 また家具店の店頭で見て購入したソファーが思った以上に大きかった、必要だろうと思う寸法で選んだダイニングテーブルが実際には大き過ぎたというケースなどがあります。またソファーの場合は足を伸ばすスペース、ダイニングセットの場合は椅子を引くスペースなども必要です。家具の十寸法だけでなく、使用時に必要な動線を含めた寸法を考慮しておく必要があると言えるでしょう。

 最後に「3. 日常生活を前提としたイメージ」、これが特にリビングダイニングのリフォームの際に気を付けて欲しいポイントです。リビングダイニングはお客様も通すスペースなのでどうしても見た目が気になります。また出来るだけ開放的で明るい空間を作りたいと考えるのは当然でしょう。しかしそこに実際の生活を考慮していないケースが本当に多いのです。
 例えば今はモノがゴチャゴチャしているお宅。リフォームしたら家具を新調して、出来るだけモノはリビングに持ち込まないと心に誓ったとします。しかし残念ながらそんな約束事は継続しません。一旦形が崩れると五月雨式に状態は悪くなっていきます。
 脅すわけではありませんが、リフォームしたからと言って生活が一変するわけではありません。基本的には今までの生活の延長が待っているのです。収納に対する考え方や日々の行動パターンが変わらなければ結果として何も変わりません。ですから日々の行動パターンをしっかりイメージして、今までの行動パターンに対して無理のない行動でメンテナンス出来るような空間作りが出来るようなプランを考えるようにしてください。

このページの上部に戻る

  • 当サイトはリンクフリーです。
  • リフォーム会社リンク集へ掲載をご希望の会社様は掲載申込フォームよりお申し込みください。

運営者情報

  • シーベックス
  • 〒586-0032 大阪府河内長野市栄町10-23
  • 事業内容:収納/インテリア・コーディネート・サービス