Home > 和室・押入

和室・押入の収納

和室・押入の収納リフォームの概要

 和室の収納と言っても基本的には問題となるのは押入だけだと思いますので、基本的には押入について説明していきたいと思います。
 なおここで言う押入とは、奥行が75〜90cm程度の深さのものを差し、襖か洋風の折れ戸か、またはパイプハンガーが付いているかどうかという区別では扱わないことを前提とします。
 以上を踏まえて、押入のリフォームについてのポイントを以下の3点にまとめました。

  1. 押入は布団を入れるのに最適な場所である
  2. パイプハンガーを設ける場合は取付方向と強度に注意
  3. 布団を収納する場合は幅と扉の形状に注意

 まず「1.」ですが、押入は布団を入れる場所です。あとは雛人形や五月人形くらいでしょうか。一般的に、他に押入に入れる最適なモノはほとんど存在しません。なぜなら押入は奥行が75〜90cmと非常に深く、対して家の中にあるモノと言えばほtんどが奥行45cm程度以下のモノばかりだからです。すなわち、奥行60cm程度が一般的であるクローゼットがあればそれで事足りるのです。
 もっとも、奥行90cmのスペースであれば奥行45cm以下のモノが一杯入るじゃないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それはナンセンスです。特にこれからリフォームをするのに、わざわざ出し入れが不便になるような奥行の深い収納スペースを設ける必要はないのですから。
 和室の押入をリフォームする場合、かつ布団を収納する必要がない場合は、奥行をクローゼット程度、もしくはそれ以下にすれば、その分だけ部屋が広くなります。もしくは家全体の間取りにもよるという前提で言えば、押入の奥側の壁をぶち抜いて、隣の部屋から利用する書棚程度の収納スペースとすることも可能です。

 次に「2.」ですが、前述の通り基本的には押入は布団を収める場所ですので、そもそも洋服を掛けるのに適しません。それでももちろん奥行が変更できないケースはあり、なおかつどうしてもそこに洋服を掛ける必要に迫られることもあるでしょう。その場合に、ではどのようにパイプハンガーを取り付けるのが良いかというと、基本的に前後方向にハンガーパイプを取り付けることはオススメできません。確かに前後方向にパイプハンガーを取り付ければ収納スペースに無駄がないように感じると思いますし、実際にその通りですが、奥のほうに掛けてある洋服は非常に出し入れしにくくなります。これでは収納本来の目的を考えると良い方法とは言えません。
 ですので基本的にはやはり一般的なクローゼットと同様に左右方向にパイプハンガーを取り付けるのが基本です。ただしその場合、洋服の肩幅が約45cm程度であるのに対して押入の奥行には無駄な空間が生じます。そうすると手前と奥に合計2本のパイプハンガーを取り付ければ良いと考える人も多いですが、それもちょっと待ってください。その方法が出来るのは一般的に婦人服もしくは子供服だけです。紳士服は肩幅が広いですからパイプハンガーだけ前後に2本取り付けても襖(扉)がちゃんと閉まらなくなったり、思うように十分な量が収納できなかったり、出し入れが不便になるだけです。
 あと強度ですが、パイプハンガーに掛ける洋服は結構な重量になりますので、幅90〜120cm程度に一ヶ所は天井または枕棚から吊るなり、支柱や壁を設けるなりする必要があります。

 最後の「3.」ですが、実は一般的によく見られる押入は非常に不自然な寸法です。いわゆる一間幅の押入は実際には幅180cm以下なのですが、対してシングル敷き布団の幅は90〜100cm程度です。掛け布団はもうちょっと幅がありますので実際には110cm程度の幅が必要と考えられます。
 話を戻して押入の幅ですが、180cm以下ということは引き違いの襖を開けた場合、有効開口寸法は90cm以下ということになります。でも布団の幅は100cm以上。結局、布団をVの字に曲げて上げ下ろしすることになってしまうのですね。
 これでは非常に不便です。ですので押入を収納リフォームする場合はこの問題を攻略しなければなりません。もし押入の幅寸法を変更可能なリフォームでしたら、120cm程度の開口部を確保できるような寸法を考えるべきでしょう。もしくは折れ戸にして全解放できるようにするとか、3枚引戸にするとか。十分対応可能だと思います。

このページの上部に戻る

  • 当サイトはリンクフリーです。
  • リフォーム会社リンク集へ掲載をご希望の会社様は掲載申込フォームよりお申し込みください。

運営者情報

  • シーベックス
  • 〒586-0032 大阪府河内長野市栄町10-23
  • 事業内容:収納/インテリア・コーディネート・サービス