思い出は心の中!断捨離も必要!

彼女との思い出大切にしたいですよね。

ですが思い出は心の中に多くしまっておく分には良いのですが、物になると話は別です。

皆さんの家がとても広いのであれば話は別ですが、日本人がそんなに大きなおうちに住める家とは限りません。

ものが増えてしまうと、家が圧迫してしまいせっかくの彼女との思い出のひとときも台無しになるおそれがあります!

なので、彼女と人と1時の過ごし方かさばるものに関しては断捨離をしていくと良いでしょう。

断捨離は恋の成功収納術!

彼女にまつわるいろいろなもの大切な手紙そういったものは私は結構貯めておくタイプでした。

こうなると家中に物だらけになってしまい逆に不幸になってしまいます。
そしてゴミ屋敷と変化を遂げてしまいました。

そこで彼女はこう言ったのです。

物を減らすことってなんか嫌だよね?
けど、思い出って減らないんだよ。
大事なものは心にちゃんと残っていいものだからね。

彼女との思い出は出られませんでしたですがそのことを言われてスッキリ断捨離することができました。

 

彼女からもらったものを捨てるテクニックはリストを作ることです

もうすでに使わないと思ったものは段ボールに入れ物置に入れましょう。その後1年経った時にそのものが一切必要じゃないと感じたのならならば、その段ボールを
一気に燃えるゴミに捨ててしまいましょう。

こうすることで躊躇なくものを捨てれるようになります。

本当に必要だと思ったならばそもそも段ボールに入らないです。

 

それでも捨てられないよーって言う人はものに対して写真を撮っていきましょう。

ものはなくなってしまっても記憶として残しておくことで捨てる抵抗感を減らすことができる。
生きていく上で日々増えていきます。

それは仕方のないことです。

なのでここは心を鬼にしてものを捨てていきましょう。

そしてなくなったものに対して今必要になった新しいものをつぎたしていくことで神の朝ものを± 0に保っていくことが大切です。

 

ものを貯めるって言う事は自分に仕事能力がないと言うふうにみなされてしまいます。

なのでその彼女にも力が低いと思われてしまわないためにもものはきっちり整理しましょう。

 

しかしながら、彼女の中ではせっかくあげたものに対して捨てると言う行為が許せない!

と感じる女性も少なからずいます。

なので、捨てるときにはこっそり彼女が分からない範囲で捨てると良いでしょう。

注意して欲しいのは、もらったものが最近すぎるとあれそういえばこないプレゼントしたもの使ってるなんて言われてしまって何も言えなくなってしまいます。

なので、捨てるものは1年後3年に備えたほうが賢い選択です。

ものは捨てた方が最終的に幸せになれることが多いです。